オーダーシステムで注文管理|お店を支えるヘイお待ち

システムイメージ

双方向での通信

遠距離でも会議を可能にするシステム構築が進められてきました

手に平にパソコン

人は数多くの人が集まることで社会を構築してきました。世界中の各地で都市化した地域だけではなく、あらゆる地域で社会が構築されることは自然に対して人は一人ではあまりにも弱い存在だからです。多人数で相談をすることで社会は人にとって便利な構造を作り上げてきました。古来から、相談をする際の会議には遠方からの来訪が困難という課題がありました。来訪には経費的・時間的制約があったためですが、電報等の電信技術の開発は画期でした。その後の19世紀末に発明された電話は利便性のために長らく会議にも利用されてきましたが、20世紀中頃から利用が始まったテレビ会議システムに20世紀末にはその座を譲ります。この双方向通信システムはデジタル機器の充実により、現在web会議にシフトしつつあります。

今後もweb会議の導入が進むでしょ

web会議は市販されているパソコンと専用のカメラ・マイク等の通信機器を接続してweb会議用のアプリケーションを導入すれば双方向コミュニケーションシステムが容易に構築できます。同様のシステムはテレビ会議でも可能ですが、web会議システムよりも構築費用が格段に高額で移動の利便性がないことが一般的です。今後、通信網やパソコン周辺機器の更なる充実が見込まれることから、テレビ会期システムの更新においてもweb会議システムが選ばれるようになるでしょう。また、従来は通信システムによる会議を行っていない場合でも安価であるだけではなく、パソコンさえあればシステムが構築できる利便性はいかなる局面でも即座に現場と本部の会議が可能になることは有効な会議システムであることから導入が進むとみられます。