オーダーシステムで注文管理|お店を支えるヘイお待ち

システムイメージ

すぐに計算できる

電子カルテと一体型のレセコン

女性

レセコンとは、患者に請求する医療費を自動で計算してくれるコンピュータのことです。かつては医療費は、医療事務担当が、医師が記入したカルテをチェックして、診療内容から報酬点数を出し、患者の健康保険への加入状況と照らし合わせながら算出していました。しかしレセコンが導入されるようになってからは、そういった計算を自分でおこなう必要がなくなりました。コンピュータが自動でおこなってくれるので、医療費はスピーディかつ正確に、患者に請求されるようになりました。さらに昨今では、電子カルテとの一体型のレセコンが普及してきました。医師が診療をしながらその情報を電子カルテに入力することで、そこからすぐに医療費が算出されるというものです。こういったシステムにより、医療事務担当の業務上の負担や、計算ミスによる医療機関や患者の混乱は、どんどん少なくなっていくと予想されています。

メンテナンスの必要性

ただしレセコンを導入すると、その導入費用だけでなく、継続的なメンテナンス費用もかかることになります。レセコンは、患者の命を左右する医療機関で使用されるコンピュータです。加えて昨今では、先述したような電子カルテとの一体型のものも増えてきています。患者の命やプライバシーを守るためには、レセコンで誤作動が起こるようなことがあってはなりません。それを防ぐためには、定期的なメンテナンスが必要です。そしてその費用が別途かかるというわけです。したがって導入する際には、資金計画においてこの点も考慮する必要があります。しかし現在は、サーバー上でデータを預かるという、メンテナンスフリーのレセコンも開発されています。この場合、メンテナンス費用はかかりませんし、レセコンの不具合でデータが失われるようなこともありません。