オーダーシステムで注文管理|お店を支えるヘイお待ち

案内

すぐに計算できる

女性

レセコンは、患者に請求する慰謝料を自動で計算してくれるコンピュータです。電子カルテと一体型のレセコンであれば、医師が診察をしながら情報を入力できるので、すぐに医療費が算出できます。

Read More...

効率化させるシステム

web会議を導入するならこちらがおすすめ!リーズナブルな料金設定なので、負担も少ないですよ。高品質な音声電話が実現できます。

効率良く伝達することができるサービスの一つとしてオンラインセミナーがあります。気軽にお互いメッセージすることができるので便利ですよ。

レセプト作成業務の負担を劇的に軽減

パソコン三台

医療をひとつのビジネスとしてとらえると、非常に多種類の「商品」を販売している業種であるということができます。患者ごとの症状に合わせて用いる治療技術・薬剤・装具などは多岐にわたり、それぞれ単価が異なります。しかも保険請求に際して計算の基礎となるそれらの単価は、定期的に改定されます。正確な保険請求を行うには、専門的な知識と状況の変化に対する迅速な対応が求められます。そんな医事会計業務を大幅に効率化するのがレセプトコンピュータ、通称レセコンです。レセコンは診療報酬の請求に必要なレセプトを迅速・正確に作成するシステムです。厚生労働省においては2001年より保険事務の電子化を推進しており、将来的には診療報酬の完全電子請求化を目指しています。レセコンの導入には、この流れにも適合するものです。

将来のオンライン請求にも対応

レセコンの最大のメリットは、言うまでもなくレセプト作成業務の大幅な効率化です。膨大な病名や薬剤名もあらかじめコード化されて登録されているため、簡単な入力操作で正確な名称を記録するとともに、報酬を自動算定します。報酬の改定や制度変更もシステムのアップグレードによって迅速に対応することが可能です。さらに電子カルテや窓口会計などの他システムと連動させることにより、診療記録や支払い記録等を一元的に管理し、かつ多方面に運用することが可能になります。レセプトの開示請求や行政監査への対応、統計資料の作成なども容易になります。診療報酬は、将来的にはすべてオンライン請求になることが予測されています。その際、業務の中核を担うのがレセコンであることは言うまでもありません。

パソコン一台から運用することができる運送業のシステムがこちらです!サーバー機器などが無くても複数台の運用ができる点も大きな魅力ですよ。

こちらのソフトを導入することによってマニュアル作成にかかる手間を削減することが出来ますよ。自動で簡単に作成してくれるのが大きな利点です。

データ管理も的確かつスマートに行なうことが可能と言われているのがIoTです。今やあらゆる企業が使用をしており大活躍なんですよ!

双方向での通信

手に平にパソコン

遠距離でも会議を可能とするシステムとして、テレビ会議システムが利用できます。デジタル機器の充実により実現した双方向通信システムは、web会議などにもシフトしつつあるのです。

Read More...

海外でも利用可能

レジスター

社内で何かを決める際に会議は必要となりますが、海外に進出した企業は簡単には会議を開けるものではありません。そこで最近になって脚光を浴びているのがweb会議システムであり、海外でも滞り無く会議を行なうことができます。

Read More...